お金のかかるタイヤ交換は持ち込みするだけでコストダウン可能

車の光沢を長持ちさせる

自家用車

傷にも強いのが特徴

自動車のボディにツヤを出すには、ワックスをかけるのが従来の常識でした。ワックスは風雨にさらされると落ちてしまうので、時間のかかる作業を定期的に繰り返す必要があります。しかしガラス系コーティングを利用すれば、ワックスがけをせずに車の光沢を長持ちさせることができます。メンテナンスの手間を大幅に省けることが、ガラス系コーティングの最大のメリットと言えるでしょう。車のコーティング剤には、ガラス系のほかにもポリマー系やフッ素系などがあります。いずれも比較的手軽に利用できますが、耐久力は3か月程度のものが大部分であり、ガラス系には及びません。ガラス系コーティングは表面に丈夫なガラス質の皮膜を作るため、効果を1年以上持たせることが可能です。汚れても水洗いだけでツヤを取り戻せて、いつもピカピカの状態を保つことができます。また細かい引っかき傷がつきにくくなることも、ガラス系コーティングの長所のひとつです。ガラス系コーティング剤にもいくつかの種類があり、あまり安価なものはガラス系といっても弱い皮膜しか作れないため、耐久力が低くなってしまうことがあります。専門店に依頼すると費用はかかりますが、高性能なコーティングを確実に施工してもらえます。時間があって手間を厭わない方は、市販のガラス系コーティング剤を利用して、自分で施工することもできます。器用さに自信があるなら、専門店に頼むより安上がりな方法と言えます。